CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
旅の記録 
もうひとつのブログ。旅の記録。

* vanish into the blue * travel  
参加しています
にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

にほんブログ村 コレクションブログ スタンプ・風景印へ

ブックマーク
artscape
アート情報をチェック

Z会(快傑ゾロ同盟)
桟田バーバラ様が運営する「快傑ゾロ」のファンサイト

九州からの風の便り
不二子様が運営するブログ。文具や切手のお話がとっても興味深いのです!

MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

** vanish into the blue **

身辺雑記。
郵活とか読書記録とか、日々の雑事を備忘録的に。
 
倉敷のマンホール 2
0
    倉敷のマンホールの続き。





    藤。
    多少デザイン的だけど、一本の木として描かれている。








    藤、デザイン違い。
    こっちは花と葉だけで、上下左右に対称に配置されている。
    カラーも淡くて、私はこっちが好みかな。

    それにしても、すごい推すなぁ、藤。
    キレイだけど。








    最後3つは、倉敷市水道局イメージキャラクター「くらっぴぃ」。
    なんとも言えない表情をしている・・・
    可愛いのか、コレ?

     
    | マンホール | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    倉敷のマンホール
    0
      そういえば、アップし忘れていました。
      倉敷のマンホール。



      商店街にて、何種類かGETしました。




      市の花、藤。
      阿智神社に県天然記念物のアケボノフジ「阿知の藤」があるとか。




      倉敷市はジーンズの聖地・児島を擁する「繊維の町」でもある。




      倉敷市が誇るゆるキャラ「くらモニ」。
      モニ?
      Facebookに
      「くらしき朝市「三斎市」から誕生した妖精」と説明があるから、
      モーニングからかな?
      白壁と藤がモチーフになっている。

      最近こういうタイプのマンホール増えてますね。
      なんていうんだろう。
      凹凸のない、イラストの板をはめ込んでるタイプ。

      それから、
      蓋愛好家を「マンホーラー」「蓋女(ふたじょ)」とか呼ぶらしいですね。


      フタジョて!!!!

       
      | マンホール | 23:43 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      高知のマンホール
      0
        台湾のマンホールに続いて、高知県のマンホール。
        高知駅、または、はりまや橋の周辺で見つけたもの3種類です。





        まずはクジラ!






        荒波から飛び出すカツオと、よさこい祭りの必需品である鳴子。




        高知城と、県の鳥ヤイロチョウ、県の花ヤマモモ。


        「高知らしい」ものが盛り込まれていますね。
        あれ?龍馬はないのかな?
        いやいや、たとえマンホールでも、龍馬様が踏まれたり轢かれたりするのは、
        高知的には「絶対無し!」といったところか。

        個人的にはクジラが可愛くて好き。

         
        | マンホール | 19:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        台北のマンホール
        0
          とりあえず、台北関係はこの記事で一段落です。
          海外ではほとんどお目にかかれないデザインマンホールですが、
          台北で3つ見つけたので紹介します。



          これは西門駅近くだったかな。
          上下で分かれていて、上半分が木で下が魚。






          この2種は、剥皮寮歴史地区で見つけました。

          最初のものは、賑やかな絵柄です。
          ランタン(型の街灯?)を見上げる人々。
          街(昔の剥皮寮?)のなかの人の営みの一コマかな。
          「剥皮寮老街整建記念」と左下に書かれています。
           
          次のものは「永興亭」の解説が書かれているようです。
          台湾の言葉はわかりませんが、漢字を見ていると、
          永興亭はどうやら船(運輸)会社であり、
          中国から(あるいは中国へ?)杉や石材、建材を運んでいたらしい。
          のちに「台湾経済日報」と何か関係するのかな?
          とにかく、清代の有力船会社の顕彰、というところでしょうか。

           
          | マンホール | 22:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          四日市のマンホール
          0
            知らない土地へ行くと注目するものの一つに、マンホールの蓋があります。
            風景印と同様、その地の“売り”が分かるので面白いです。




            これは四日市市の花・サルビア。




            港と石油コンビナートはわかるけど、
            コアラとパンダはなぜ?動物園にいるの?…と思って検索。
            日本マンホール蓋学会のHPによると、
             姉妹都市のオーストラリアのシドニー市のコアラと、
             中国の天津市のパンダ
            とのこと。




            こちらは、歌川広重「東海道五十三次」の「四日市(三重川)」。




            噂のマンホールカード、初めてGETしました!
            存在は知っていたのですが、配布場所など分からなくて。
            (いや、ちゃんと検索すれば良いのですが…)
            水道局?的なところに行かないともらえないのかと思っていたら、
            科学館や観光情報センターみたいなところでも配布していることがあるのですね。
            カードによって配布場所はまちまちのようです。
            このカードは、四日市の博物館の総合受付で(要アンケート記入でした)。
            集めてみようかな、マンホールカード。

             
            | マンホール | 23:18 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |