CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
旅の記録 
もうひとつのブログ。旅の記録。

* vanish into the blue * travel  
参加しています
にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

にほんブログ村 コレクションブログ スタンプ・風景印へ

ブックマーク
artscape
アート情報をチェック

Z会(快傑ゾロ同盟)
桟田バーバラ様が運営する「快傑ゾロ」のファンサイト

九州からの風の便り
不二子様が運営するブログ。文具や切手のお話がとっても興味深いのです!

MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

** vanish into the blue **

身辺雑記。
郵活とか読書記録とか、日々の雑事を備忘録的に。
 
高知の風景印
0
    5月25〜27日の高知滞在中に集めた風景印。
    25日は高知市内に着いたのが16時過ぎ。
    すでに(一般的な郵便局の)閉局時間まで1時間切っていた!!
    なので、どうしても欲しかったこの風景印を真っ先にもらいに行った。



    龍馬郵便局!!
    閉局ギリギリに駆け込みました。
    ここの局員さん、すごく親切でした。
    郵便局周辺にゆかりのある偉人のガイドブックをいただいちゃいました。
    さらに局員さんに徒歩圏内で行ける風景印のある局として紹介していただいたのが



    上町郵便局。
    さらにギリギリでGETしました(苦笑)。
    ありがとうございました。


    さて。
    あとの2つは19時閉局の郵便局です。





    26日は土曜日、27日は日曜なうえに高知発が8時。
    短い滞在時間ではありましたが、4種の風景印は我ながらなかなかの戦果かと。

     

    | 切手・郵活・風景印 | 23:32 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    台湾の風景印2種
    0
      台湾にも風景印があるのですね。
      「風景郵戳」というそうです。

      今回の台北旅行では2種GETしました。



      言葉が分からないので、郵便局の窓口で
      「風景郵戳」と書いた紙を見せたら押してくれました。

      台北駅の郵便局と、桃園空港の郵便局です。

      日本で62円切手を貼ると風景印を押してくれるように、
      台湾では、台湾国内のハガキ料金=2.5元で押印してもらえるようです。

      10元の切手を貼っていたので、ダメもとで2度目の押印の時に
      「もう1枚新しく切手貼らなきゃダメですよね?」と聞いてみたのですが
      何も言わずに押印してくれました。

      10元の切手だと、2.5元×4つ押してくれるってこと?

      日本だと、例えば140円切手1枚に
      違う局で2つ風景印を押印してくれることはないですよね。
      そもそも、日本では切手に印をかけますしね。
      台湾では写真の通り、切手に印をかけなくても良いみたいです。

      ルールがいまいち分からないので、今後、要研究です。

      ちなみに、台湾の風景印がある局とその図柄は
      こちらで確認できます。
       
      | 切手・郵活・風景印 | 23:10 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      ミッドタウン風景印&キティ特印
      0
        6月に入ってしまいました!
        ついでに梅雨入りもしましたね。

        『楊令伝」全15巻、昨日読み終わりました。
        5月中に、という目標は1日オーバーしてしまいましたが。
        少し休憩して、最終シリーズの『岳飛伝』を読み始めようと思います。
        ま、これに関してはまたいずれ書くこともあろうかと。


        21_21_design sight へ行ったついでに



        東京ミッドタウン局の風景印。
        ミッドタウンって、サクラの名所でもあるんですね〜。
        知りませんでした。


        そしてそして、



        東京中央郵便局で、キティちゃん特印。
        ここは、手押ししかないのですね。
        機械印もあると思い込んでいたのですが、
        局員さんに「機械は京橋にしかないんです」と
        申し訳なさそうに言われ・・・
        今回は時間がなく、断念。

        小鳥と手紙を書くキティ(切手)→ 送った相手から返信が来た!(印)

        みたいな場面を意識しました。
         
        | 切手・郵活・風景印 | 20:32 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
        横浜美術館周辺風景印
        0
          NUDE展が気になって、横浜に行ってきました。

          ついでに風景印をもらおうと思ったものの、
          あまり時間がなかったので、横浜中央と




          横浜美術館に一番ちかい横浜ランドマークタワー



          この2局のみしか行けませんでした。
          どちらも横浜ベイブリッジがカッコいいです。
          ランドマークタワーの方は、ランドマークタワーの特徴的な外観に、
          帆船も描かれていて、盛りだくさんですね。

          ちなみにクイーンズスクエアの郵便局には、風景印はありませんでした。

            
          | 切手・郵活・風景印 | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          5・15 風景印
          0
            良かった。間に合った。
            2年前の思いつきを思い出した自分を褒めよう。

            というわけで、五・一五事件の切手に合わせて、
            国会内局の風景印を5月15日の日付で郵頼しました。



            ちょっと文字とか潰れちゃってるけど、まあ良しとしますか。


            ちなみに、五・一五事件とは……

            1932(昭和7)年5月15日、海軍青年将校らによるクーデタ事件
            井上日召を中心とする血盟団の影響をうけた、急進派の海軍青年将校が陸軍士官学校生徒や愛郷塾生らと結びクーデタを計画。首相官邸を襲い犬養毅首相を暗殺したほか、日本銀行・警視庁・政友会本部などを襲撃した。ロンドン軍縮会議、不況による農村の疲弊を背景に、政党政治を攻撃し、軍国主義的国家改造を行おうとしたもので、軍部は事件を政治的進出に利用し、斉藤実挙国一致内閣を成立させ、政党内閣は終わりを告げた。
            (『旺文社 日本史事典 三訂版』より)


            ついでに、同じ切手で2月26日の風景印。



            詳しくは2016年2月29日の記事を。

             
            | 切手・郵活・風景印 | 20:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            富士芝桜まつり小型印
            0


              富士芝桜まつり小型印。
              郵頼しました。


              以前、富士吉田市に出張した時に撮った
              河口湖の富士山の写真を、懐かしんでみる。



              2010年の4月撮影!
              そうか、あれからもう8年も経つのか!!
              と、静かな衝撃(笑)

              この頃はまだ風景印とか興味なかったなぁ。

               
              | 切手・郵活・風景印 | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              水滸伝の切手
              0
                北方謙三さんの『楊令伝』3巻まで読了。

                最近、北方さんの『水滸伝』や、
                水滸伝を題材としたマンガ『メテオラ』を読んだり、
                すっかりどっぷり水滸伝に浸っているわけですが。

                そういえば、以前、切手の博物館で見つけて衝動買いしたっけ、と
                全然整理しきれていない切手をゴソゴソ……



                水滸伝の切手。
                けっこう大きい(56×84mm)。
                中国のものかと思いきや、コンゴ!!




                左上には「宋公明三打祝家荘」というキャプション。
                ちょっとマンガっぽいあっさりした絵で、
                でも武具や馬具、人や馬の表情までわりと細かくて。
                馬群が立てる砂煙?の表現がなんかぐるぐる可愛くて好きです。
                 
                | 切手・郵活・風景印 | 22:51 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                さりげなくカニ!
                0
                  郵頼していた小型印
                  「星空保全条例制定 CATCH the STAR 星取県」が
                  返送されてきました。



                  意匠図案説明:
                  2018年4月1日より施行される星空保全条例を記念し、
                  キャッチフレーズである「CATCH the STAR」及び
                  「鳥取県は星取県になりました」を配す
                              (JPのサイトより引用)

                  切手は、太田聴雨《星を見る女性》(1936年、東京国立近代美術館蔵)。
                  返ってきたものを見て、切手を左下、小型印を右上角にして、
                  望遠鏡の先に星があるような構図にすればよかったかな、とも思った。

                  鳥取のカニは星五つ、とも読み取れるか(笑)
                    
                  | 切手・郵活・風景印 | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  四日市の風景印
                  0
                    四日市に出張していました。
                    1泊2日だったのですが、1日目の仕事が飛んでしまい(苦笑)
                    幸いなことに、郵便局や博物館に行くことができました。

                    博物館に行くと、その地のことがよくわかりますね。
                    四日市の博物館は、常設展無料でした!
                    近江と伊勢を結ぶ千草街道と東海道が交わるところに市が立ったのが
                    四日市の由来とのこと。
                    歌川広重の東海道五拾三次にも描かれている四日市。
                    仕事でもなければ、なかなか訪れることもなかったかもしれません。





                    風景印は2つGETしました。

                    イヌナシ=マメナシ
                     出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
                     マメナシ(豆梨、学名:Pyrus calleryana Decne)は、
                     バラ科ナシ亜科ナシ属の落葉高木。
                     三重県ではイヌナシと呼ばれることが多い。

                    大入道=大四日市まつりの名物。
                     こちらのサイトによると、
                     江戸時代後期の文化2年(1805年)に製作されたといわれる。
                     身の丈4.5m、伸び縮みする首の長さ2.7m、
                     高さ1.8mの山車に立ち、全高は9m
                     からくり人形では日本一の大きさといわれている。
                     とのこと。

                    ちなみに、四日市のゆるキャラ「こにゅうどうくん」は、
                    この大入道の子供らしいです。



                    こにゅうどうくんの舌を触ると、
                    背や成績など、伸ばしたいものが伸びるのだとか。

                    ほか、風景印に描かれているのは、万古焼、鈴鹿山脈、鯨船。

                     
                    | 切手・郵活・風景印 | 22:50 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                    4年に1度の郵活
                    0
                      2016年。
                      4年に1度の「うるう年」。

                      先々週、切手の博物館の「366日」展を観てきました。
                      展示には2月29日のコーナー(消印なども出ていた)があって、
                      ほうほう、なるほど、と感心しまして。
                      4年に1度だし、この日の消印をコレクションしておかなきゃ!!
                      と、本日、4局の風景印を収集してきました。





                      ちょっと残念な小倉駅前。
                      ま、しょうがない。
                      足立山の小文字焼、小倉城、小倉祇園太鼓がモチーフ。




                      小倉城をバックに小倉祇園太鼓(たたいているのは子どもでしょうか)。
                      同じモチーフでも雰囲気が先の2つとは違います。






                      皿倉山に、八幡製鐵所の高炉。
                      歯車が「モノづくりの町」っぽい。
                      切手もあったので合わせてみました。

                      4年に1度しかできない郵活。
                      次は2020年かぁ。



                      そういえば、2016年は1936年から80年。
                      つまり、二・二六事件から80年。

                      やってみたかった組み合わせを郵頼。



                      二・二六事件(と、五・一五事件)の切手と、
                      事件当時、戒厳司令部が置かれた軍人会館があった九段の風景印。
                      (軍人会館=現 九段会館。2011年に廃業、閉鎖)

                      なぜか当ブログで頻出の二・二六事件(笑)

                      2013.02.26「こんな切手があった!」
                      2012.02.29「閏日記念にとりとめもなく」
                      2012.02.26「歴史は繰り返すか?」

                      2013年の記事にある武田泰淳の『貴族の階段』は、
                      今年やっと読みました。一体、何年越しやら。


                      次は、五・一五事件バージョンで、
                      同じ切手に国会内局の風景印とかどうかなぁ。

                        
                      | 切手・郵活・風景印 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |