CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
旅の記録 
もうひとつのブログ。旅の記録。

* vanish into the blue * travel  
参加しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ コラージュへ

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り紙へ
 
つぶやいたり
ブックマーク
artscape
アート情報をチェック

Z会(快傑ゾロ同盟)
桟田バーバラ様が運営する「快傑ゾロ」のファンサイト

九州からの風の便り
不二子様が運営するブログ。文具や切手のお話がとっても興味深いのです!

MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
QLOOKアクセス解析

** vanish into the blue **

 日々のいろいろ。
 切り紙や消しゴムはんこ…手作りのこととか。
 
<< 犬派?それとも猫派? | main | ベルばら展へ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    バラとアートと
    0
      ブログに書きたいネタは、結構たくさんたまっているのですが、
      なかなか記事にする時間と気力がなくて……
      今日から数回、芸術の秋・読書の秋をテーマに記事をUPしていこうと思います。

      というわけで、今日は、2館3展覧会をハシゴしてきましたので、その話を。



      石橋美術館「8人の作家たち」展
      福岡県立美術館「ベルサイユのばら」展
      同じく福岡県美「児島善三郎と中村研一 福岡ライバル物語」展





      まずは、花がいっぱいの石橋美術館から。





      キレイなバラが花盛り。
      それもそのはず、「秋のバラフェア」開催中でした。
      美術館の前庭には、いろんな種類のバラが咲き乱れています。




      これは「フリージア」というバラ。




      「メルヘンケニギン」。




      「プリンセス・ミチコ」。
      ミチコ=美智子皇后のことです。




      「ストロベリーアイス」。
      なんて甘い名前!




      「熱情」。
      真っ赤!




      「ピース」。




      「アリンカ」。




      「ウエルイン・ガーデン・グローリー」。




      「ティネケア」。




      「かがやき」。


      おおーっ。ちょっとしたバラ図鑑!!
      一応、品種名をメモしてきたんですが、間違っていたらスミマセン……
      ちなみに、これら全て携帯のカメラで撮影しました。
      デジカメ持ってこなかったの後悔しましたね。







      イチョウも色づいていました。
      ていうか、館内に行きつく前に、はしゃぎすぎ。







      さて。
      今回の展覧会は「コレクション展示 8人の作家たち」。
      石橋美術館のHPによると、

      石橋コレクションの中心をなす画家、古賀春江、安井曾太郎、藤田嗣治、岡田三郎助、藤島武二、青木繁、坂本繁二郎。それに今回ブリヂストン美術館から特別出品で20世紀イギリスを代表する彫刻家ヘンリー・ムアを加え、8人の作家たちの作品約160点を紹介します。
      色彩豊かでキュートな古賀春江の水彩画や、季節感が楽しい安井曾太郎の文藝春秋表紙絵、なめらかなフォルムのヘンリー・ムアの彫刻など、部屋ごとに展開される8人8様の世界をたっぷりとお楽しみください。

      との内容。

      「コレクション展」というと、地味で変わり映えしない、
      そういうイメージを見事に覆します。
      それにしても、良いコレクションをお持ちで。
      この8人、そうそうたる面々です。

      古賀春江が好きなのですが、装丁画も展示されていて興味深かったです。
      あとは、青木繁の2つの重要文化財の作品。
      フジタの猫は、毛がふさもさで思わずなでたくなる。
      岡田三郎助の部屋には、師と友人として和田英作と黒田清輝の作品もあった。

      安井曾太郎の『文藝春秋』の表紙絵もすごく良かったです。
      安井による、「表紙のことば」みたいなのも一緒に掲示されていたので
      それを描くに至った経緯も分かって、より安井に親しみがわいた。
      友人の梅原龍三郎がこれを描いたらいいよ、と言ったから描いてみた、とか
      孫をモデルにしたが、じっとしていないので描けなかった、とか
      器に盛った饅頭を描こうとすると、奥さんが緋毛氈を敷いてくれた、とか




      安井のポストカード3枚買ってしまいました。
      右2点が『文藝春秋』の表紙絵。


      ところで、



      安井曾太郎といえば、この切手。
      この作品≪金蓉≫は東京国立近代美術館蔵ですが、
      石橋美術館(ブリヂストン美術館)のコレクションは、
      結構切手になっているんです。

      例えば、今展でも展示されていた重要文化財でもあるこちら。




      青木繁≪わだつみのいろこの宮≫。
      いつか、切手になっている美術作品について、
      所蔵館とかちゃんと調べて整理して、出来る限り観に行きたいなぁ。


      福岡県立美術館の2展覧会については、また後日。
       
      | 読書/観劇/展覧会 etc. | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 22:36 | - | - | - | - |









        http://vit-blue-02.jugem.jp/trackback/102