CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
旅の記録 
もうひとつのブログ。旅の記録。

* vanish into the blue * travel  
参加しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ コラージュへ

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り紙へ
 
つぶやいたり
ブックマーク
artscape
アート情報をチェック

Z会(快傑ゾロ同盟)
桟田バーバラ様が運営する「快傑ゾロ」のファンサイト

九州からの風の便り
不二子様が運営するブログ。文具や切手のお話がとっても興味深いのです!

MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
QLOOKアクセス解析

** vanish into the blue **

 日々のいろいろ。
 切り紙や消しゴムはんこ…手作りのこととか。
 
<< 素敵ないただきもの〜〜 | main | 消しゴムはんこの交換会 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    フェルメールに会ってきた!
    0
      というわけで、昨日ですが、12月2日までのベルリン国立博物館展に滑り込み。
      思ったよりも混んでいませんでした。
      いやいや、十分に混んでいたが、都美のマウリッツハイスほどではなかった、と。

      今、うちのパソ子が、マウリッツハイス=魔売りっつはいす、と誤変換。
      いい加減にしてほしいが、マウリッツハイスなんて馴染み薄いから仕方ないのか。


      突然ですが、混雑する展覧会の私なりの攻略法。

      1.開館前に会場に行き、並ぶべし

      2.開場したら目玉作品(混雑する作品)に一直線
        
      この展覧会ならフェルメール作品でしょう。
      目玉作品はほぼ間違いなく会場の半ば以降に展示してあります。
      他のお客さんが冒頭の解説などをご丁寧に読んでいる隙にどんどん先へ。
      こういう「一点(=今回ならフェルメール)豪華主義」の展覧会は、
      たいていの場合、テーマや文脈などが薄いので順番通りに見る必要はありません。
      見たいものを先にゆっくり見てしまいましょう。
      というわけで、目玉作品を独り占めします。

      3.どうせ混むのだから、前半は後回し。
        目玉作品以降の作品をじっくり独り占めしながら見ましょう。

      4.最後まで見終わったら、混む前にショップを見ても良し
        (ただし、会場に再入場できるか確認しましょう。九博は再入場不可だった)
         
      5.最初に戻って、見ていない作品を見ましょう。
        このときも順番は関係なく空いているところから見ましょう。
        絵の前が混雑していても、たいていのお客さんは絵ではなく横の解説を
        読んでいたりするので(もったいない!)その隙をついて作品を見ましょう。
        
      コツは「順番通り見なきゃいけない」「解説は読まなきゃいけない」
      この2つを捨てることです。
      せっかく本物があるのだから作品をじっくり見ましょうよ、と
      絵より解説見ている時間が長いような人を見かけるたび残念に思う私です。
      あと、作家名で作品見てる人ね。「この画家知らない」でスルーな人。残念!


      ≪真珠の首飾りの少女≫は良かったです。
      大騒ぎするだけはあるよね。あるのか、本当に?
      名品であることは間違いないけど、騒ぎすぎのような気もする。
      レンブラントの作品も近くに展示されていたので、
      二人の作品が「光」を特徴に挙げられながらも、
      それぞれ違った表現で光を描いているのが分かった。
      レンブラントは、光そのものより、光によって生じる陰影の描写が巧みだと思う。

      日本にいながら、ベルリンの名品が見られるのは嬉しいですね。
      私としては、油彩よりも、意外と素描が良かった。
      ボッティチェッリや、ラファエロの作品が見られるとは思ってもみなかった!
      しかもラファエロは九州限定公開だったらしい!!
      (その代わり、東京展ではミケランジェロの素描があったらしいが…)

      ラファエロと言えば、来年、国立西洋美術館で展覧会が開催されます。
      混雑必至。でも行きたいなぁ。
      東京だけなんだろうか。巡回はないのかな……。

      http://raffaello2013.com/index.html





      ショップでポストカードを購入。
      ドイツビールもあったけど、今回は買いませんでした。
      東京で買ったしね〜(←西洋美術館でショップだけ覗いた人)



      ところで、九博の常設展示って、
      九博の所蔵品を展示するところというわけではないようですね。
      他の施設の品々を見せられて、ありがたいんだか何だかよくわかりません(笑)


         
      | 読書/観劇/展覧会 etc. | 19:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 19:56 | - | - | - | - |









        http://vit-blue-02.jugem.jp/trackback/114