CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
旅の記録 
もうひとつのブログ。旅の記録。

* vanish into the blue * travel  
参加しています
にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

にほんブログ村 コレクションブログ スタンプ・風景印へ

ブックマーク
artscape
アート情報をチェック

Z会(快傑ゾロ同盟)
桟田バーバラ様が運営する「快傑ゾロ」のファンサイト

九州からの風の便り
不二子様が運営するブログ。文具や切手のお話がとっても興味深いのです!

MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

** vanish into the blue **

身辺雑記。
郵活とか読書記録とか、日々の雑事を備忘録的に。
 
<< MIWA、レオニ展 etc. | main | 切手の博物館 >>
「SEMINAR」etc.
0
    東京に来ています。
    北村有起哉さん主演の「SEMINAR」観劇の予定でしたので
    ずっと前から計画していたことだったのですが・・・

    異動からほぼノンストップで忙しかったので
    気付いたら観劇の日が来ていた感じです。
    (父に言われて気づいた・・・危ない危ない)

    日曜は出張で都城にいたしなぁ。



    そんなこんなで「SEMINAR」行ってきました。
    ラッキーなことに、本日はアフタートークもありました。
    もう、すごく近くから有起哉さんを拝めたので、本当に幸せでした。






    話の内容は・・・

    ********

    有名作家のレナードによる、10週間5,000ドルの授業。

    生徒4人それぞれに作品を書かせ、レナードがそれを読んで講評するという形式で授業は進められる。 ケイト、ダグラスは散々にこき下ろされたが、たった2枚の原稿のイジーをレナードは高く評価する。作品ではなく彼女の性的魅力に惹かれているのは誰の目にも明らかだ。そしてマーチンだけがいつまでも作品を出さず、レナードから臆病者とののしられる。

    そんな時、業界筋から聞いたと言ってダグラスがレナードのスキャンダルを暴露する。レナードの徹底した生徒達への皮肉。そして彼らに対する残酷さが全ての騒動のきっかけとなり、とにかく如何に人間の心が言葉に翻弄されるか、そしてそこに露呈する自分の浅はかさに気づいた時の動揺を絶妙に描く。

    なぜそこまでレナードは冷徹になれるのか…?

    ********

    と、ガッツリ公式から引用。

    終始セリフの応酬。

    そして、終盤のレナード(有起哉さん)の長ゼリフ、圧巻でした。
    一人でずーっと、あれだけの量のセリフを飽きさせず聞かせるってスゴイ!!

    ていうか有起哉さんしか見てなくて(というわけでもないけど)
    すみません、ホントすみません(笑)


    「SEMINAR」の前に切手の博物館、
    後に森アーツセンターの「スヌーピー展」にも行きました。
    それぞれ楽しかったのだけど、今は「SEMINAR」で頭いっぱい。
    ホテルでビール飲みながらパンフレット読んでまたニヤニヤ。

    良かった!!
    東京来て良かった!!
    異動で腐ってたけど、ちょっと元気でた!!!


      
    | アート・展覧会 | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 00:13 | - | - | - | - |









      http://vit-blue-02.jugem.jp/trackback/153