CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
旅の記録 
もうひとつのブログ。旅の記録。

* vanish into the blue * travel  
参加しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ コラージュへ

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り紙へ
 
ブックマーク
artscape
アート情報をチェック

Z会(快傑ゾロ同盟)
桟田バーバラ様が運営する「快傑ゾロ」のファンサイト

九州からの風の便り
不二子様が運営するブログ。文具や切手のお話がとっても興味深いのです!

MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

** vanish into the blue **

身辺雑記。
郵活とか読書記録とか、日々の雑事を備忘録的に。
 
<< 髪切ってきた。 | main | 川棚温泉 >>
mt ex 展 川棚温泉
0


    行ってきました、川棚温泉。
    恥ずかしながら川棚温泉が下関市だと初めて知りました。
    北九州からも意外と近かったです。
    JRで下関から40分弱でした。
    川棚駅から川棚温泉まで徒歩で約20分。
    今日は適度に晴れていて風は涼しく、気持ちの良い天気でした。




    会場の「川棚の杜」。
    ピンク→グレーのグラデーションがキレイな「川棚パターン」で
    デコレーションされていました。
    コスモスの色+川棚の杜のコンクリートの色かなぁ。




    お馴染みの車もカワイイです。




    実は「川棚の杜」の設計が隈研吾さんと知って、
    俄然、無理してでも行きたい!という気になりました。
    川棚の山並みをポリゴン化したみたいな面白い外観。




    裏に回るとこんな感じ。




    このグラデーション、いいですね。
    建物に合わせて三角形に貼られています。
    マステを貼っている面と貼っていない面のバランスが素敵。




    中に入ると、床に貼られた矢印もグラデ。




    会場内も、床面にグラデのマステ。
    天井からもたくさんのマステがぶら下がっていました。




    購入したオリジナルマステ。
    上から、

    ・コスモスとアサギマダラ
    ・クスノキ
    ・川棚パターン
    ・音符

    川棚パターンは量り売りの方にあった幅広のも買っちゃいました。
    山頭火と多面体は買いませんでした。
    でも多面体は買っておけばよかったと今になって思う。
    隈研吾の建築を観に行った記念として。




    会場近くの豊浦川棚郵便局にも行って、風景印をもらいました。
    局員さんもmtに行って、mt CASAを「いいじゃん!」と購入したそうです。
    (でも幅広のはちょっと高いね、と笑っていました)
    カウンターや壁がデコってありましたよ。

    そして、川棚オリジナルマステの由来も教えていただきました。
    アサギマダラという蝶のこと。

    あれ?アサギマダラってもしかして、コレですか?・・・






    と、会場近くの妙青寺で見かけて撮影した蝶の写真を見せたら
    「そうそう。これこれ!」と。
    アサギマダラの散策マップのパンフレットもいただきました。

    そのパンフによると、アサギマダラは季節によって長距離を移動することから
    「旅する蝶」と言われているそうです。
    アサギマダラが好むフジバカマ(↑の写真の花です)をたくさん育てたら、
    旅の途中、豊浦町にも立ち寄るようになったとか。
    飛来する期間は、10月初旬〜下旬くらいだそうです(結構短い)。

    この写真は少しズームを使ったのですが、
    アサギマダラは人懐こく(?)近づいてもあまり逃げません。
    むしろ、ひらひらと近づいてきてビックリしました。


    mt深いなぁ。
    地域限定のモチーフのチョイスにセンスを感じます。
    (あれ?だけどフジバカマじゃないのね。コスモス祭も有名のようですが)
    こういうイベントは、会場となる地域に実際に足を運ぶ機会となります。
    さらに、その場所の風土、歴史、人物、名産など
    今まで知らなかったことを知り、その場所を身近に感じるようになります。
    地域開催のイベント(風景印を押印してもらうこともそうですが)を通じて、
    地元の方とのお話が盛り上がるのが、一番の収穫かもしれません。


     
    | マスキングテープ | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 23:36 | - | - | - | - |









      http://vit-blue-02.jugem.jp/trackback/188