CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
旅の記録 
もうひとつのブログ。旅の記録。

* vanish into the blue * travel  
参加しています
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ コラージュへ

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 切り紙へ
 
つぶやいたり
ブックマーク
artscape
アート情報をチェック

Z会(快傑ゾロ同盟)
桟田バーバラ様が運営する「快傑ゾロ」のファンサイト

九州からの風の便り
不二子様が運営するブログ。文具や切手のお話がとっても興味深いのです!

MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
QLOOKアクセス解析

** vanish into the blue **

 日々のいろいろ。
 切り紙や消しゴムはんこ…手作りのこととか。
 
<< 近況覚書 | main | 2016年!! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    2015年も、もうすぐ終わり
    0
      今年一年を振り返ってみて・・・

      わりと仕事が充実していたのかもしれません。
      自分の企画を1本やらせてもらったし。
      台湾出張も大変だったけど楽しかったし。


      そう!
      台湾!!
      仕事で2回、プライベートで1回(しかも今月半ばに)
      計3回も台湾に行くことができました。
      すごく暑かったけど真夏の台中に行けたのも良かった。


      郵活は昨年に比べるとちょっとパワーダウンで
      旅行先ではできるだけ郵便局に立ち寄ったものの
      小型印の郵頼なんかは少なかったかな。


      あとは、舞台も結構みたなぁ。
      生誕80年だった寺山修司の「書を捨てよ、町へ出よう」と「レミング」、
      北村有起哉さん主演の「十一ぴきのねこ」など。
      台湾出張直後の東京遠征で観た「戯作者銘々伝」は途中ちょっと寝ちゃったけど。
      これも有起哉さん主演だったのに。
      ほかにも「エッグ」再演、KERAMAP「グッドバイ」、新感線、飛ぶ劇場とか。

      来年も観劇は充実しそう。
      もう来月だけで4回劇場に行く予定です。
      うち3本は北九州芸術劇場。地元でいいもの観られて幸せです。


      本も、とりあえずの「年間100冊」という目標はクリア。
      今年は小説よりも、エッセイにハマった。
      なかでも「旅」のエッセイ。
      台湾をよく知るために読み始めたものから、
      司馬遼太郎の「街道をゆく」シリーズ、そして、旅エッセイとは違うけど
      現代語訳が出た、久米邦武『米欧回覧実記』を読み始めたり。

      それから、平松洋子さんなどの「食」にまつわるエッセイも。
      昨日読み終わった『作家の口福』良かった。
      これは恩田陸さん、中村文則さんらいろんな作家さんのエッセイを集めたもので、
      おいしいエピソード満載で、本当に幸福な読後感。
      特に、恩田さんが書かれていた、旅のお供にマイ猪口を持って行って、
      電車の中で一杯、というのはぜひ真似してみたいと思いました。


      うーん、思い返してみると、なかなか楽しく過ごせたぞ、っと。
      嫌なことは忘れているだけかもしれないけど(笑)
      来年もいろいろ楽しもう。

      みなさまも、良い年をお迎えくださいませ〜〜




      2015年は何といっても台湾!の年だったので、台湾マステを並べてみました。
      来年はもっとちゃんとコラージュしたい!

      | 日常 | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 21:32 | - | - | - | - |









        http://vit-blue-02.jugem.jp/trackback/191