CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
旅の記録 
もうひとつのブログ。旅の記録。

* vanish into the blue * travel  
参加しています
にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

にほんブログ村 コレクションブログ スタンプ・風景印へ

ブックマーク
artscape
アート情報をチェック

Z会(快傑ゾロ同盟)
桟田バーバラ様が運営する「快傑ゾロ」のファンサイト

九州からの風の便り
不二子様が運営するブログ。文具や切手のお話がとっても興味深いのです!

MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

** vanish into the blue **

身辺雑記。
郵活とか読書記録とか、日々の雑事を備忘録的に。
 
<< 残暑お見舞い申し上げます | main | 北方謙三「大水滸伝」シリーズ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    ずいぶんと・・・
    0
      ご無沙汰してしまいました。
      長らく離れていると再開のタイミングがつかめず、
      かつ、ログインのIDやパスなども忘却の彼方で(苦笑)
      4月になり、年度も改まったところで、心機一転?
      何とか記憶の糸をたぐりよせて戻ってまいりました。

      *****

      そんなに読みにくい文章じゃないけど、
      内容も興味があるんだけど、
      読み終わるのがもったいなくてペース落としてるわけでもないけど、
      なかなか読み進められない本ってありませんか?

      先月から藤田嗣治のエッセイ『地を泳ぐ』に苦戦しています。
      つまらなくはないと思うんだけど、なぜか読み終わらない。
      文庫本1冊を持て余しています。
      1ヶ月半近くかけて、やっと5分の3といったところか。
      私は複数の本を並行して読んでいくので、
      この間に6冊ほど読み終わっているのだけど…。
      もうしばらくフジタと格闘することになりそうです。
      没後50年の大回顧展、期待しつつ。




      写真は久留米市美術館。
      手前がワイルドフラワーで、奥がチューリップ。

      春ですなぁ。


       
      | 日常 | 01:10 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 01:10 | - | - | - | - |
        こんばんは。以前お邪魔させて頂いてました、ローズです。ブログ再開をお待ちしておりました。随分ご無沙汰なので、私も思い出しながらお邪魔させて頂きました(笑)
        blueさんが以前にご紹介された本の影響で、読書の幅がかなりかなり広がり、おかげさまで昨年は80冊読破出来ました。読み進まない本って、確かにありますよね。この本が読みたくて買ったのに、その日の気分で読みたくなかったり、難しかったり…。他の本に目移りして読んでるうちに、いつのまにか読み終えたという事ならしょっちゅうあります。読み終わらないと、何かモヤモヤしてスッキリしない感じがしますよね。久々にコメントできて嬉しかったので、長々と失礼いたしました。またブログを楽しみにしております☆
        | ローズ | 2018/04/14 6:24 PM |
        ローズさん

        早速のコメント、もったいないお言葉の数々、ありがとうございます。

        本はその日の気分によって上手く付き合えるか否か、というところがありますね。問答無用で時間や寝食を忘れさせてくれる本との出会いは格別なもの。とはいえ、なかなか読めない本も、逆に、その付き合いにくいところが面白いのかもしれません。

        いつまた行方不明になるかしれない私ですが(苦笑)今後ともよろしくお願いいたします。
         
         
        | blue | 2018/04/14 9:53 PM |









        http://vit-blue-02.jugem.jp/trackback/213