CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
旅の記録 
もうひとつのブログ。旅の記録。

* vanish into the blue * travel  
参加しています
にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

にほんブログ村 コレクションブログ スタンプ・風景印へ

ブックマーク
artscape
アート情報をチェック

Z会(快傑ゾロ同盟)
桟田バーバラ様が運営する「快傑ゾロ」のファンサイト

九州からの風の便り
不二子様が運営するブログ。文具や切手のお話がとっても興味深いのです!

MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

** vanish into the blue **

身辺雑記。
郵活とか読書記録とか、日々の雑事を備忘録的に。
 
<< 萩尾望都SF原画展 | main | 本の本が好き >>
バッタを倒しにアフリカへ
0
    前野ウルド浩太郎 『バッタを倒しにアフリカへ』
    (光文社新書 2017年5月)

    昨年読んだ本だけど。

    最初の1文からガッツリつかまれ、
    面白そうな予感しかないまま読み進め、
    案の定面白くて読み終わるのがもったいないと思いつつも
    全力でバッタ博士を応援しながら、最後にはホロリと感動して読了。
    研究者が研究者であり続けるためには、
    ただ研究に没頭すればよいというものではなく、
    資金集めも、そのための自己アピールも不可欠なのだな、と。

    正直、理系の研究者の著書なんて、
    自分の肌には合わないんじゃないかと思っていましたが、
    バッタ博士がいい感じにポジティブな変態だし、
    文章にユーモアがあって苦労話も深刻にならないし。

    「さぁ、むさぼり喰うがよい」
    なんて、バッタの大群に言うセリフじゃないけど、
    博士は大真面目なので笑ってしまう。

    「過酷な環境で生活し、研究するのは本当に困難なことだと思います。
     私は一人の人間として、あなたに感謝します」
    (本文pp.299-300)

    という、博士に向けられた京都大学の総長の言葉にもじーんときました。

    間違いなく2017年のNo.1でしたが、
    さぁ、2018年はこの本を超える本に出会えるか?!
     

     
    | 本・読書 | 18:43 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 18:43 | - | - | - | - |
      この本、めちゃめちゃ気になってたんですよ〜表紙見ただけで笑えるし、けっこう評判も良い感じだったし、blueさんが読まれたなら、必ず読みます☆
      私にとって2017年のNo.1は松原始の「カラスの教科書」「カラス屋の双眼鏡」です。カラスを研究してる動物行動学者の本ですが、あまりにも面白くて笑いがとまらなかったです。ハードな研究を一生懸命取り組む姿勢に応援したくなるし、イラストには癒されるし、カラスへの見方も“かわいいもの”に随分変わりましたね(笑)
      | ローズ | 2018/05/04 8:15 AM |
      おもしろかったですよ!
      表紙はふざけていますが(笑)、著者のバッタ研究に対する真摯な思いが熱くて、笑って笑って、結局感動しちゃう本でした。

      カラス研究、面白そうですね。
      身近にいるのに謎が多い鳥なんですよね、カラスって。以前、新聞でカラス愛好家はブト派(ハシブトガラス)とボソ派(ハシブトガラス)に分かれて萌えを競っている(?)という記事を読んだことがあります。奥が深そうなカラスの世界!
      | blue | 2018/05/05 10:39 PM |









      http://vit-blue-02.jugem.jp/trackback/216