CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
旅の記録 
もうひとつのブログ。旅の記録。

* vanish into the blue * travel  
参加しています
にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

にほんブログ村 コレクションブログ スタンプ・風景印へ

ブックマーク
artscape
アート情報をチェック

Z会(快傑ゾロ同盟)
桟田バーバラ様が運営する「快傑ゾロ」のファンサイト

九州からの風の便り
不二子様が運営するブログ。文具や切手のお話がとっても興味深いのです!

MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

** vanish into the blue **

身辺雑記。
郵活とか読書記録とか、日々の雑事を備忘録的に。
 
<< バッタを倒しにアフリカへ | main | 水滸伝の切手 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    本の本が好き
    0
      書評集や、本の読み方、本屋さんについて、装丁造本、挿絵……、
      本にまつわる本が好きです。

      昨年買ったまま放置していた
      横尾忠則『本を読むのが苦手な僕はこんなふうに本を読んできた』
      (光文社新書2017年7月)
      を、読みました。

      朝日新聞に掲載された横尾さんの書評をまとめたもの。

      横尾さんは、本を読むのが苦手らしい。
      私は、本を読むのは苦手ではないが、読んだ端からすぐに忘れてしまう。
      なので、同じ本を繰り返し読んでも、その都度、新鮮に読むことができるという
      自信がある(自慢にもならないが)。

      横尾さんもすぐ忘れる性質らしく、自分が書いた書評を読み返しても
      「内容など何ひとつ憶えていない」とあとがきでこぼしている。
      さらに「実に読書は無駄な時間であったかとつくづく後悔」し、
      読書によって、本業の「絵を描く時間を盗まれたという怨み事しかでてこない」
      とまで率直に語られると、つい笑ってしまう。

      書評のなかには、横尾さんの「絵画とは何か」という考えもちらほら明かされる。

      「絵画は、空間を創造すると同時に無限の時間の創造でもある。そしてこの瞬間の連続の体感の中に、この現実から分離したもうひとつの現実世界に到達して永遠を享受する」(p.25)

      「画家にとって絵のゴールはない。常に不完全性においてのみ絵は成立するのである」(p.92)

      「鑑賞者は完成された作品を見ているのではなく、画家の創造におけるプロセスの時間の推移を見ており、絵の購買者はその集積された時間に大金を支払っているというわけ。その時間は絵の具の重なり合いであり、画家の気まぐれの筆致であり、画家の感情の乱れに付き合わされているに過ぎない」(pp.92-93)

      ……などなど。

      絵画は、画家の創造における時間の集積、か。
      美術館で絵画を鑑賞する際の見方が変わりそうです。


      以下、この本で紹介されているなかで、気になった本を10冊。

      ギュンター・バウアー『ギャンブラー・モーツァルト』
      スティーヴ・ロペス『路上のソリスト』
      保坂和志『猫の散歩道』
      栗田昌裕『謎の蝶アサギマダラはなぜ海を渡るのか?』
      デボラ・ソロモン『ジョゼフ・コーネル』
      井上ひさし『ふかいことをおもしろく』
      ロバート・カーソン『46年目の光』
      フランク・ハウザー、ラッセル・ライシ『演出についての覚え書』
      ローズマリー・ブラウン『詩的で超常的な調べ』
      ロバート・K・ウィットマン、ジョン・シフマン『FBI美術捜査官』

      書評集は、次に読みたい(読むべき)本が見つかるので嬉しい。
      思いもしなかった本に自分の興味が向けられることもある。
      とはいえ、上の10冊、少し偏りがあるかな(笑)

       
      | 本・読書 | 22:43 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 22:43 | - | - | - | - |
        本にまつわる本も良いですよね♪
        同じ本を何度読んでも新鮮な気持ちで読めるって、素晴らしい才能だと思うので、とても羨ましいです☆
        横尾さんの本の抜粋の部分だけでも納得出来たので、これから展覧会に行く時は今までとは違う新しい見方ができるかなと楽しみになってきました♪
        | ローズ | 2018/05/06 12:35 PM |
        横尾さんといえば、『芸術新潮』2018年3月号の「超老力」の香取慎吾さんとの対談も面白かったです!
         
        | blue | 2018/05/06 10:55 PM |
        突然のコメント、失礼いたします。はじめまして。
        書評でつながる読書コミュニティ「本が好き!」を運営しております、和氣と申します。

        貴ブログを拝読し、ぜひ本が好き!にもレビューをご投稿いただきたく、コメントさせていただきました。

        本が好き!:http://www.honzuki.jp/

        こちらのサイトでは、選ばれたレビュアーの方が本をもらえるようになる「献本サービス」を行っています。

        1.会員登録 
         こちらのフォームよりご登録ください。
         http://www.honzuki.jp/user/user_entry/add.html
        2.書評投稿
         書籍を検索し【書評を書く】ボタンよりご投稿ください。
        3.ご報告
         貴ブログ名をご記載の上、こちらのフォームよりご報告ください。
         http://www.honzuki.jp/about/inquiries/user/add.html

        名前の通り「本好き」の方がたくさん集まって、活発にレビューを投稿して交流をされているサイトですので、よろしければぜひ一度ご訪問いただけましたら幸いです。

        よろしくお願いいたします。
        | 本が好き!運営担当 | 2018/05/16 4:11 PM |









        http://vit-blue-02.jugem.jp/trackback/223