CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
旅の記録 
もうひとつのブログ。旅の記録。

* vanish into the blue * travel  
参加しています
にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

にほんブログ村 コレクションブログ スタンプ・風景印へ

ブックマーク
artscape
アート情報をチェック

Z会(快傑ゾロ同盟)
桟田バーバラ様が運営する「快傑ゾロ」のファンサイト

九州からの風の便り
不二子様が運営するブログ。文具や切手のお話がとっても興味深いのです!

MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

** vanish into the blue **

身辺雑記。
郵活とか読書記録とか、日々の雑事を備忘録的に。
 
<< 富士芝桜まつり小型印 | main | 迫力の行進曲と優雅な舞曲! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    星を人生の指針として
    0
      石橋正『星の海を航く』(成山堂書店 2013.12)読了。
      星の師である野尻抱影―死んだら「オリオン霊園に行く」との言葉を残した―への
      手紙という形式でつづる、著者がライフワークとしてきた
      星の和名採集に関するエッセイ。
      後半は、星座になった魚やポリネシアの星の航海術、クジラについても。

      GPSや魚群探知機などの発達で、星を仰ぎ見ながら漁をすることもなくなった。
      時刻や方角などを知るための「役星」に付けられた和名も消えていく。
      著者は根気よく地方の漁港を訪ねて星の話を聞く。
      地元の老漁師に話を聞きながら、著者はもう一つの目的も果たす。
      かつて船乗りであった著者を、海上で導いてくれた灯台を訪ね、
      その灯台に実際に手を触れ、お礼を言う。
      地元の漁師たちとの交流、灯台への感謝の表現、
      そして、「オリオン霊園」にいる師・野尻へ語りかける星の名前……
      そのどれもが胸に響く優しいエッセイでした。

       
      | 本・読書 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 23:57 | - | - | - | - |









        http://vit-blue-02.jugem.jp/trackback/229