CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
旅の記録 
もうひとつのブログ。旅の記録。

* vanish into the blue * travel  
参加しています
にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

にほんブログ村 コレクションブログ スタンプ・風景印へ

ブックマーク
artscape
アート情報をチェック

Z会(快傑ゾロ同盟)
桟田バーバラ様が運営する「快傑ゾロ」のファンサイト

九州からの風の便り
不二子様が運営するブログ。文具や切手のお話がとっても興味深いのです!

MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

** vanish into the blue **

身辺雑記。
郵活とか読書記録とか、日々の雑事を備忘録的に。
 
<< 星の航海術 | main | 台北のマンホール >>
良いものは色あせない
0
    NHKラジオの「青春アドベンチャー」で
    吉田秋生さん原作「BANANA FISH」PART2 を再放送している!
    PART1は先月再放送していたのだが、聞き逃してしまった。
    このラジオドラマ、1995年の作品だそうで。
    懐かしすぎる!!!

    2015.09.09 の記事でも触れたが、青春アドベンチャーは
    まさに「私の青春!」とは言わないが(笑)本当によく聞いていた。
    「BANANA FISH」はリアルタイムで聞いてたなぁ。
    そのころは、まったく演劇とか興味なくてキャストはスルーしてたけど
    今改めてその豪華さにびっくりする。
    劇団☆新感線の古田新太さん(ブランカ)、橋本じゅんさん(ショーター)、
    京晋祐さん(ケイン)、佐戸井けん太さん(マックス)などなど。
    古田さん、じゅんさんは、声を変えてチョイ役もこなしていたりする。

    そういえば、「BANANA FISH」ノイタミナでアニメ化!
    7月からの放送が楽しみだ。


    そして昨日、ゲキ×シネ「阿修羅城の瞳2003」を見た。
    15年前の作品かぁ。
    残念ながら古田さんは出ていなかったけど、じゅんさん面白かった!
    天海祐希さんはひたすら美しかった!


    別に古き良き時代を回顧しようというわけでもないんだけど。

    最近、音楽の好みは30歳くらいで成長が止まってしまうというニュースを読んだ。
    私は音楽だけじゃなくて、いろんなものの好みの成長が止まってる気がする。
    積極的に新規開拓していくのがしんどいというか(笑)
    マンガも、結局、学生時代とかに読んでいたものが面白いし。
    でも、そういうものって、今読んでも古びていないし、
    改めて読むと、物語の中にもそれを読む自分の中にも違う発見があったりする。
    「BANANA FISH」だって、いまだに好きだし、生涯ベスト3にも確実に入る!

    名作は何年たとうが色あせない、ということか。

     
    | 演劇・音楽鑑賞 | 23:34 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 23:34 | - | - | - | - |
      音楽の好みは30歳くらいで成長が止まる!?恐ろし過ぎて、スルーします(笑)
      blueさんは色々な事に対しての興味の幅が無限大でらっしゃるから、私は勉強になるし刺激も受けるし目標にしてます。確かに歳を重ねると感じ方は変化しますが、名作とか名言とか名曲はいくつになっても良いものは良い!!と思えるし、永久に不滅ですよね☆
      | ローズ | 2018/06/24 11:58 AM |
      ん〜、たしかに好きなものは多いかもしれません!
      浅く広く、収拾つかなくなってる気もしますが(笑)
      おっしゃるとおり、人生経験積むと、感じ方が変わってくるので
      自分が過去に好きだったものに改めて接すると、
      やっぱり色あせない名作だったと確認したり、
      逆に、このレベルで楽しめてたなんて子供だったなと思ったり。
      | blue | 2018/06/24 10:31 PM |









      http://vit-blue-02.jugem.jp/trackback/265