CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
旅の記録 
もうひとつのブログ。旅の記録。

* vanish into the blue * travel  
参加しています
にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

にほんブログ村 コレクションブログ スタンプ・風景印へ

ブックマーク
artscape
アート情報をチェック

Z会(快傑ゾロ同盟)
桟田バーバラ様が運営する「快傑ゾロ」のファンサイト

九州からの風の便り
不二子様が運営するブログ。文具や切手のお話がとっても興味深いのです!

MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

** vanish into the blue **

身辺雑記。
郵活とか読書記録とか、日々の雑事を備忘録的に。
 
<< 人には忘れてはいけないものがある。 | main | No.9−不滅の旋律− >>
原田宗典さん『じぶん素描集』
0
    原田宗典『じぶん素描集』講談社 2009.4(写真:須藤夕子)読了。

    1ページに満たないものから、2ページ弱くらいの掌編のエッセイばかり。
    原田さんの短い文章は、適度なゆるさ、過不足のなさが好き。

    「妹よ、おまえはまるで・・・」では、
    妹で作家の原田マハさんへ向けた、あたたかな眼差しにほっこり。
    いいお兄ちゃんだ。

    「ひらがなのインパクト」は、
    ひやしきのこうどん(ひやし、きのこ、おろし、うどん)を
    「カミサン」(=奥様)が、「ひやしきの、こきおろしうどん」と
    読み間違えるという、微笑ましくも、
    ひらがなの羅列が生む可笑しみに気付かせるエピソード。

    新潮文庫から出ている、トルストイの『クロイツェル・ソナタ』は、
    「クロイツェル・ソナタ」と「悪魔」が1冊にまとめられている。
    原田さんは、2つの作品名とトルストイという作者名が
    表紙に「呪いのように」並んでいるのを見て、
    「何だか具合が悪くなってしまって、一頁も読めなかった魔の一冊」と。
    思わず笑う。

    90年代のエッセイに比べるとパンチが足りない気もしたが。
    さて、次は最新作の『〆太よ』を読まなきゃ。
     
    | 本・読書 | 01:33 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 01:33 | - | - | - | - |
      原田宗典さんは、マハさんのお兄さんだったんですね!マハさんの本は、何冊か読んだ事がありますが、お兄さんのお名前をしっかりと覚えました☆
      | ローズ | 2018/07/30 6:08 PM |
      原田宗典さん、面白いですよ〜。
      マハさんとは作家として格が違うと思いますが…。
      90年代の作品をぜひ!!
      | blue | 2018/07/30 9:39 PM |









      http://vit-blue-02.jugem.jp/trackback/267