CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
旅の記録 
もうひとつのブログ。旅の記録。

* vanish into the blue * travel  
参加しています
にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

にほんブログ村 コレクションブログ スタンプ・風景印へ

ブックマーク
artscape
アート情報をチェック

Z会(快傑ゾロ同盟)
桟田バーバラ様が運営する「快傑ゾロ」のファンサイト

九州からの風の便り
不二子様が運営するブログ。文具や切手のお話がとっても興味深いのです!

MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

** vanish into the blue **

身辺雑記。
郵活とか読書記録とか、日々の雑事を備忘録的に。
 
<< 倉敷 | main | 7月郵活(風景印)まとめ? >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    小澤征爾さん
    0
      倉敷へ行ったときに連れて行った本は、
      村上春樹さんの『小澤征爾さんと、音楽について話をする』でした。

      これは、村上さんと小澤さんの対談で、
      タイトル通りに、ベートーヴェンやマーラー、
      小澤さんの交流のあった音楽家
      ――カラヤンやバーンスタイン、グールド、ゼルキンなどそうそうたる面々
      などなど音楽について、お二人がいろいろとお話をする本です。
      村上さんの音楽への造詣の深さと、
      小澤さんの指揮論というか、音楽への向き合い方が、とても興味深い対談本。


      ちょうどホテルでテレビ(ニュース番組)をつけていたら
      アナウンサーが、「小澤征爾さん・・・」と言って、
      変な間をあけたんですよね。
      タイミングの良さにびっくりして慌ててテレビを見ると、
      画面には小澤さんの写真。

      え?えっ?って。

      もう、ちょっと覚悟しちゃいましたよね(苦笑)。
      え?入院してたよね?まさか・・・?って。

      ご存知の通り、9か月ぶりに指揮に復帰したという、
      喜ばしいニュースでした!!!!!
      ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第16番第3楽章を約10分間指揮したとのこと。
      映像では、だいぶお痩せになっていて、座っての指揮だったものの、
      途中立ち上がって情熱的なアクションを見せる場面も。


      この本が刊行されたのは、2011年(2014年文庫刊行)。
      2009年、小澤さんに食道がんが見つかった後のこと。
      何度かの手術を経て、小澤さんは復帰しては療養に戻る、ということを
      繰り返しながら、本格復帰をを目指されています。

      そのことを、村上さんは

      この人はそれをやらないわけにはいかない。なぜなら小澤さんにとっては音楽こそが、人生を歩み続けるための不可欠な燃料なのだから

      と書いている。
      さらに、ちょっと長いけど引用すると、

      [音楽を生き生きと作ることで]この人は自分が生きているという本物の実感を得ているのだ。誰にそれを「やめろ」ということができるだろう?(中略)でも体力を振り絞ってすっくと指揮台に立つ小澤さんの姿を見ると、そんなこと[充分な休養ののちに復帰しては?]はとても口に出せなくなってしまう。それを口に出したら、結局は嘘になってしまうという感覚が僕の中にあった。簡単に言ってしまえば、この人はそういうまっとうな考え方を超えた世界で生きている人なのだ。野生の狼が深い森の奥でしか生きられないのと同じように。
      (新潮文庫版 p.27)

      とも。

      いつか、生で小澤さん見たいなぁ。
      CDは、サイトウキネンオーケストラのものをいくつか持っていますが。

      まだ本は途中。
      これからもどんな話が出てくるのか楽しみ。


      それにしてもN○Kのアナウンサー、
      心臓に悪い間のとりかたをしないでほしい・・・。

        
      | 本・読書 | 23:00 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 23:00 | - | - | - | - |
        日本の指揮者の中では、小澤征爾さんとコバケンこと小林研一郎さんが好きです。私が思う魂が揺さぶられる小澤さんの指揮ぶりは、他の指揮者とは次元があまりにも違いすぎるかなと。引用されてある村上さんの言葉が的を射てるので、何度も何度も頷けました。いつまでもお元気でいらっしゃる事を願ってます☆
        | ローズ | 2018/08/02 7:05 PM |
        小澤さん、いいですよね。
        村上さんとの対談を読んでいて、(村上さんも書いていましたが)
        小澤さんの音楽に対するピュアさが際立って感じられました。
        早く完全復活していただきたいですね。
        みんな待ってますよ〜、マエストロ!!!
         
        | blue | 2018/08/03 10:47 PM |









        http://vit-blue-02.jugem.jp/trackback/284