CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
旅の記録 
もうひとつのブログ。旅の記録。

* vanish into the blue * travel  
参加しています
にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

にほんブログ村 コレクションブログ スタンプ・風景印へ

ブックマーク
artscape
アート情報をチェック

Z会(快傑ゾロ同盟)
桟田バーバラ様が運営する「快傑ゾロ」のファンサイト

九州からの風の便り
不二子様が運営するブログ。文具や切手のお話がとっても興味深いのです!

MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

** vanish into the blue **

身辺雑記。
郵活とか読書記録とか、日々の雑事を備忘録的に。
 
<< 文字に宿る記憶を探る | main | 運命に踊る! >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    文字に宿る記憶の行方
    0
      正木香子さんの『本を読む人のための書体入門』雑感の続き。



      書体が生む印象は、人の感性や想像力の問題であるはずなのに、
      昨今では、ある特定の感情を呼び起こすために書体が作られ、
      便利に多用されている。
      それを、正木さんは「ファストフードみたいな文字」と表現し、憂いている。
      この指摘にもはっとさせられた。

      「何もないところに人間の想像力が働くからこそ、言葉以上の凄みが生まれたり、
       存在しないはずの気配を感じたりするのです」(p.181)


      また、手書きの文字についても面白いことが書かれていた。
      その人の個性が表れる手書き文字は
      「その人だけがつかうことのできる特別なフォント」(p.110)であり、
      「まるでオリジナルの文体を確立するように、
       文字がひとつのスタイルをあらわしていて、
       読者は文字を通して作品世界に深く入っていくことができる」(p.110)
      そんな書体を、「オレ書体」(p.111)と表現している。

      先に紹介した平野甲賀さんの書体は、
      「コウガグロテスク」というフォントとして販売されたらしい。
      手書きの文字って、書いた人の性格が出る。
      (逆に性格とは正反対の文字を書く人もいて、それはそれで面白い!)
      家族や友人、同僚の文字は、だいたい見分けられるという人が多いのではないか。
      私の文字は汚くて辟易するけど、「誰でも自分の書体を持っている」(p.111)
      なんて素敵な言葉を読むと、まあいいのかな、と肯定したくなってきた。

      手書き文字について印象的な話がもうひとつ。
      書家・石川九楊の言葉を引いて、
      パソコンで打った文字(自分の書き文字ではない文字)は、
      「自省の美徳」が失われる、と。
      パソコンで書いた自分の文章は、どこか他人事のよう。
      自分の文章を客観視できることは、とてもいいことだけど、
      たしかに「自省」する気は起らない。
      これも、きちんと言葉にしたことはないけれど、
      誰もが感じていることかもしれない。


      最後に、正木さんの言う「文字の居場所」(p.174)について。
      人の記憶を呼び起こすような、そしてそんな共通の記憶を作り得るような文字が
      (書体を吟味するということも含めて)、今は大切にされているのか。
      ファストフード的な便利な書体に頼りすぎてはいないか。

      少し長いけど引用する。

      書体を選び、伝えるということは、
      他人とは違う感性を見せびらかすようなものではなくて、
      共感との出会いをつくること。
      人を思いやり、人を信じる気持ちが根本にあるのだと思います。

      同じ社会に生まれながら、
      別々の思いを抱えて生きる人々の心に「重なり」を見つけだす。
      それは同時に、時代を超えた新しい重なりをつくっていく、
      うことでもあるのではないでしょうか。

      なぜなら、文字そのものが、
      人びとの記憶になって残る大切な風景の一部なのですから。

      (pp.174-175)


      私たちは、本を読むとき、何かの情報を得るために文字を見るとき、
      無意識のうちに文字の中に記憶を見出そうとしている。奥深い文字の世界。
      読書好きが、その本の世界観にどっぷりつかることができるのは、
      文字そのものと私たちとが持つ共通の記憶のおかげなのだ。

        
      | 本・読書 | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 22:17 | - | - | - | - |









        http://vit-blue-02.jugem.jp/trackback/302