CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
旅の記録 
もうひとつのブログ。旅の記録。

* vanish into the blue * travel  
参加しています
にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

にほんブログ村 コレクションブログ スタンプ・風景印へ

ブックマーク
artscape
アート情報をチェック

Z会(快傑ゾロ同盟)
桟田バーバラ様が運営する「快傑ゾロ」のファンサイト

九州からの風の便り
不二子様が運営するブログ。文具や切手のお話がとっても興味深いのです!

MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

** vanish into the blue **

身辺雑記。
郵活とか読書記録とか、日々の雑事を備忘録的に。
 
『猫の散歩道』読了
0
    保坂和志『猫の散歩道』(中央公論新社2011.2)読了。
    横尾さんの本で紹介されていた本の中の1冊。

    猫にまつわるエッセイのみを集めたもの、かと思ったら、
    結構豊富な話題で楽しめました。

    読書は情報・知識を得るための行為ではない、という読書論も。
    (読書論、好き!!)
    ちょっと長めに引用しておく。

    「読書とは長い時間を費やして、ひとりの作家の思考をたどることだ。それがなんの役に立つかなんてことは大事な問題ではない。
     一冊の本を何日も時間をかけて読んでいくという行為は、視覚には絶対に還元されることのない思考というものが厳然とあるということが体に染みるように実感されることで、こればっかりは読書経験の貧弱な人には絶対に理解できない。人間を人間たらしめている抽象という次元は、参考書にあるような視覚イメージを使ったチャートとは全然別物で、言葉と心の中にある漠然として視覚ともいえないイメージの中にしかない」(p.27)


    経済学者で元世界銀行副総裁の西水美恵子氏が
    進路に迷っていた時、太平洋を眺めていたら
    「経済学をやる」と啓示のようにすうっと答えが見えた、
    というエピソードを紹介しつつ、

    「論理的な積み上げだけではどうにも解決が得られないとき、人は風景から答えを与えられる。論理的な積み上げだけで得られる答えなど、普通サイズの人間の枠を一歩も出ない」(p.52)

    「日常べったりの思考では啓示なんて、ただ神懸かっているだけで敬遠されるのがオチかもしれないが、本当に重要な問題は、風景つまり自然の力によって切り開かれる」

    「人間の思考というのは風景の力を得て、一段上に行くのだと思う」(p.53)

    と、風景=自然が人間に重要な示唆を与えることを描いた章は
    風景を「体に取り入れる」石川さんのエッセイともつながる。


    また、

    「美術でも音楽でも、作者の事前の設計図どおりに収まるようなものはたいしたものではない。優れた芸術作品はすべて、作者の意図を超える。だからこそ芸術は一生の仕事に値する」(p.98)

    という芸術論もなんとなく共感。

    「努力してできる仕事なら私はもうしない。努力してできるかどうかわからない仕事ならかけてみたい」
    と、自らの命を削るように(そして本当に自ら命を絶った)
    絵を描き続けた鴨居玲の言葉を思い出した。


    本当に私が体験したことではないけど、
    読書を通して体験(想像)したことがつながっていく感覚。

    本を読んで「知った気になる」ことはとてもとても危険だけど、
    「さもありなん」という想像力が自分に培われていくということは
    悪くはない、という気がする。

     
    | 本・読書 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    写真家のまなざし
    0


      写真家・石川直樹さんの最新エッセイ『極北へ』読了。

      北極・南極、8000m峰、日本の南北に連なる島々などなど、
      世界中を縦横無尽に飛び回って、写真や文章で表現してきた石川さん。
      私たちに、見たことのない世界を見せてくれる一人だ。

      アラスカ、デナリ山麓の街・タルキートナ。
      セスナから見下ろす果てしない荒野、デナリ、氷河……
      石川さんは、この風景を「体に取り入れたい」と表現している。
      このフレーズ、なんかガツンと印象的。
      凡人の私にとっては、風景はただ「見るもの」だ。
      「全ての装備を知恵に置き換えること」とは
      石川さんの別のエッセイのタイトルだが、
      装備に頼りすぎず、研ぎ澄まされた己の身体感覚を駆使して
      極地を旅した人だからこその感覚・表現なのかな、と。

      「数千年という時の流れを軽々と飛び越える悠久の大地の頭上にぼくはいる。このような貴重な時間を大切に思わずして、何を記憶に刻めというのだろう」(pp.56-57)

      旅をするように、悠久の大地に思いをはせるように、
      時間をかけて何度も読み直したいエッセイに出会えた喜び!

      冒頭に何点か写真も載っていて、
      特にノルウェー北極圏で出会ったというサーメの女性の写真、
      フェルメールの絵画みたいでぐっとくる!


      どうでもいいことですが
      石川さんって、一人称が「ぼく」なんですよね。
      「私」だとちょっと堅すぎるというか、
      自分とは遠い人が、極地という遠い世界のことを語ってる感が増すんだろうけど、
      「僕」でもなく、平仮名で「ぼく」というのは
      なんかこう、遠すぎず親近感というか、いいラインなのかもしれない。
      と、思ったりした。

       
      | 本・読書 | 23:55 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      楊令伝
      0
        北方謙三さんの『楊令伝』、絶賛読書中です。

        が、『水滸伝』ほど読むスピードが上がらないのは、
        あまり楊令を好きじゃないからか……。
        楊令って、人間が出来すぎていて面白味に欠けるんですよ、
        今の私にとっては(またいつか読み返すと違う感覚をもつのかな)。
        7巻最後に見せた弱さみたいなものも、
        なんというか、やっぱり出来すぎているというか。

        そして何より『水滸伝』で“推し”が退場(死んだ!)しまして。
        生き残った人たちが“推し”の思い出話をしてくれるのを楽しみつつ
        やっと半分というところまできました。

        あ、そうそう。
        彼こそ『楊令伝』での“推し”になるかもしれない!というキャラがいたけど、
        私がそう自覚し始めた数ページ後にあっさり退場するという衝撃展開!!
        再読だが、初読の時は完全にノーマークだったキャラなので
        彼の死については全く覚えていなかった私……。
        いや、でも完全に“推し”になる前だったから傷は浅い、と思ってみたものの
        やっぱり後からじわじわと癒しがたい傷に(苦笑)。


        『楊令伝』、今月中には読み終わりたいですね。

         
        | 本・読書 | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        星を人生の指針として
        0
          石橋正『星の海を航く』(成山堂書店 2013.12)読了。
          星の師である野尻抱影―死んだら「オリオン霊園に行く」との言葉を残した―への
          手紙という形式でつづる、著者がライフワークとしてきた
          星の和名採集に関するエッセイ。
          後半は、星座になった魚やポリネシアの星の航海術、クジラについても。

          GPSや魚群探知機などの発達で、星を仰ぎ見ながら漁をすることもなくなった。
          時刻や方角などを知るための「役星」に付けられた和名も消えていく。
          著者は根気よく地方の漁港を訪ねて星の話を聞く。
          地元の老漁師に話を聞きながら、著者はもう一つの目的も果たす。
          かつて船乗りであった著者を、海上で導いてくれた灯台を訪ね、
          その灯台に実際に手を触れ、お礼を言う。
          地元の漁師たちとの交流、灯台への感謝の表現、
          そして、「オリオン霊園」にいる師・野尻へ語りかける星の名前……
          そのどれもが胸に響く優しいエッセイでした。

           
          | 本・読書 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          本の本が好き
          0
            書評集や、本の読み方、本屋さんについて、装丁造本、挿絵……、
            本にまつわる本が好きです。

            昨年買ったまま放置していた
            横尾忠則『本を読むのが苦手な僕はこんなふうに本を読んできた』
            (光文社新書2017年7月)
            を、読みました。

            朝日新聞に掲載された横尾さんの書評をまとめたもの。

            横尾さんは、本を読むのが苦手らしい。
            私は、本を読むのは苦手ではないが、読んだ端からすぐに忘れてしまう。
            なので、同じ本を繰り返し読んでも、その都度、新鮮に読むことができるという
            自信がある(自慢にもならないが)。

            横尾さんもすぐ忘れる性質らしく、自分が書いた書評を読み返しても
            「内容など何ひとつ憶えていない」とあとがきでこぼしている。
            さらに「実に読書は無駄な時間であったかとつくづく後悔」し、
            読書によって、本業の「絵を描く時間を盗まれたという怨み事しかでてこない」
            とまで率直に語られると、つい笑ってしまう。

            書評のなかには、横尾さんの「絵画とは何か」という考えもちらほら明かされる。

            「絵画は、空間を創造すると同時に無限の時間の創造でもある。そしてこの瞬間の連続の体感の中に、この現実から分離したもうひとつの現実世界に到達して永遠を享受する」(p.25)

            「画家にとって絵のゴールはない。常に不完全性においてのみ絵は成立するのである」(p.92)

            「鑑賞者は完成された作品を見ているのではなく、画家の創造におけるプロセスの時間の推移を見ており、絵の購買者はその集積された時間に大金を支払っているというわけ。その時間は絵の具の重なり合いであり、画家の気まぐれの筆致であり、画家の感情の乱れに付き合わされているに過ぎない」(pp.92-93)

            ……などなど。

            絵画は、画家の創造における時間の集積、か。
            美術館で絵画を鑑賞する際の見方が変わりそうです。


            以下、この本で紹介されているなかで、気になった本を10冊。

            ギュンター・バウアー『ギャンブラー・モーツァルト』
            スティーヴ・ロペス『路上のソリスト』
            保坂和志『猫の散歩道』
            栗田昌裕『謎の蝶アサギマダラはなぜ海を渡るのか?』
            デボラ・ソロモン『ジョゼフ・コーネル』
            井上ひさし『ふかいことをおもしろく』
            ロバート・カーソン『46年目の光』
            フランク・ハウザー、ラッセル・ライシ『演出についての覚え書』
            ローズマリー・ブラウン『詩的で超常的な調べ』
            ロバート・K・ウィットマン、ジョン・シフマン『FBI美術捜査官』

            書評集は、次に読みたい(読むべき)本が見つかるので嬉しい。
            思いもしなかった本に自分の興味が向けられることもある。
            とはいえ、上の10冊、少し偏りがあるかな(笑)

             
            | 本・読書 | 22:43 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
            バッタを倒しにアフリカへ
            0
              前野ウルド浩太郎 『バッタを倒しにアフリカへ』
              (光文社新書 2017年5月)

              昨年読んだ本だけど。

              最初の1文からガッツリつかまれ、
              面白そうな予感しかないまま読み進め、
              案の定面白くて読み終わるのがもったいないと思いつつも
              全力でバッタ博士を応援しながら、最後にはホロリと感動して読了。
              研究者が研究者であり続けるためには、
              ただ研究に没頭すればよいというものではなく、
              資金集めも、そのための自己アピールも不可欠なのだな、と。

              正直、理系の研究者の著書なんて、
              自分の肌には合わないんじゃないかと思っていましたが、
              バッタ博士がいい感じにポジティブな変態だし、
              文章にユーモアがあって苦労話も深刻にならないし。

              「さぁ、むさぼり喰うがよい」
              なんて、バッタの大群に言うセリフじゃないけど、
              博士は大真面目なので笑ってしまう。

              「過酷な環境で生活し、研究するのは本当に困難なことだと思います。
               私は一人の人間として、あなたに感謝します」
              (本文pp.299-300)

              という、博士に向けられた京都大学の総長の言葉にもじーんときました。

              間違いなく2017年のNo.1でしたが、
              さぁ、2018年はこの本を超える本に出会えるか?!
               

               
              | 本・読書 | 18:43 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
              水滸伝いろいろ
              0
                北方水滸伝、全19巻読了。
                いや〜、初めて読んだ時からだけど、
                後半は先が気になりすぎて読書スピードが上がる!
                明日から続編の『楊令伝』読もう。


                さて。
                初めて北方謙三さんの『水滸伝』を読んだ後、
                他の作家さんが翻訳・翻案した水滸伝や、関連本も読んでみたくなった。
                吉川英治『新・水滸伝』、杉本苑子『悲華水滸伝』、
                マンガだと、天野洋一『AKABOSHI -異聞水滸伝-』、
                三輪真雪『水辺物語』、中道裕大『月の蛇 〜水滸伝異聞〜』 、
                関連本(エッセイ?)だと、井波律子『水滸縦横談』『中国の五大小説』、
                高島俊男『水滸伝の世界』、秋山久生『女子読み水滸伝』などなど。

                あ、『南総里見八犬伝』も入れていいのかな(笑)


                今日また水滸伝関連の本が増えた。



                右の新書、「水滸伝」のストーリーを追いつつ、人事・組織論をを学ぶらしい。
                カバーのそでには
                「適材適所の「人事」がカギを握るビジネスパーソンのための教科書だ」とある。
                以前読んだ趙玉平、金光国、李夢軍『水滸伝に学ぶリーダーシップ』も
                そこそこ面白かったなぁ。

                左は電子書籍版の琥狗ハヤテ『メテオラ』1〜4巻。
                同じ作家さんが以前描いていた『ネリヤカナヤ』というマンガをもとにしながら
                いろいろ設定とか改めて再スタートしたもの。
                今まで読んだ水滸伝関連のマンガでは、『ネリヤカナヤ』が断トツに面白かった。
                なので中途で終わってしまっていたのを残念に思っていたが、
                最近、新たに『メテオラ』として生まれ変わっていたことを知った。
                4巻から紙媒体での発売はなく、電子版のみとのことだったので、
                本当は紙で読みたかったけど仕方なく電子版でそろえた。
                早速4冊一気読み。やっぱり面白い!!

                井波律子さんの新訳(講談社学術文庫、全5巻)も気になっている……。

                | 本・読書 | 22:08 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                ヲタ恋
                0
                  「ノイタミナ」が、「アニメーション(Animation)」を
                  逆から読んだものだと気付いた夜。

                  「ヲタクに恋は難しい」。
                  原作ファンとしては、キャラが動いてしゃべってるのは単純に楽しい。

                  缶コーヒーを全然開けられない二藤クンが好き。
                  ウインクできない二藤クンが好き。
                  一人ウインクの練習してる二藤クンが好き。

                  「ヲタ恋」好きです。

                   
                  | 本・読書 | 23:09 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                  銀河英雄伝説
                  0
                    「大水滸伝」シリーズといい、これといい、
                    4月に入ってから、なぜか長編2つに手を出してしまっています。

                    ただし銀英伝のほうは、小説ではなく、アニメ(旧版)。
                    原作は学生時代から何度も読み返しているけど、
                    (そして読むたび「推し」が変わる人材豊富?な作品)
                    アニメは「途中まで見て挫折」の罪、前科2犯。
                    本と違って「いつでもどこでも」というわけにはいかないし、
                    1話見るのに30分拘束されるのはキツかったりして。

                    なるか、3度目の正直。

                    とりあえず65話まで視聴済み。
                    本編だけなら半分過ぎた。

                    音楽がクラシックの名曲なのもいいですね。
                    マーラー多い気がするけど。

                    新作アニメも気になるところだが、まずは旧版を制覇すべし。

                      
                    | 本・読書 | 23:39 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                    北方謙三「大水滸伝」シリーズ
                    0
                      北方謙三さんの「大水滸伝」シリーズ。
                      最終シリーズの『岳飛伝』もついに文庫版が出そろいました。

                      『水滸伝』全19巻
                      『楊令伝』全15巻
                      『岳飛伝』全17巻


                      『水滸伝』『楊令伝』は、すでに読破済み。
                      文庫で集めたい派なので『岳飛伝』にはまだ手を出していなかった。

                      …読まねばなるまい、最後まで。
                      漢(おとこ)たちの生き様を見届けねばなるまい。


                      というわけで、『水滸伝』から一気読みしてやろうかと。




                      4月に入ってから読み始めて、今5巻。
                      まだおよそ10分の1です。

                      闘いは始まったばかり!!

                       
                      | 本・読書 | 20:33 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |