CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
旅の記録 
もうひとつのブログ。旅の記録。

* vanish into the blue * travel  
参加しています
にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

にほんブログ村 コレクションブログ スタンプ・風景印へ

ブックマーク
artscape
アート情報をチェック

Z会(快傑ゾロ同盟)
桟田バーバラ様が運営する「快傑ゾロ」のファンサイト

九州からの風の便り
不二子様が運営するブログ。文具や切手のお話がとっても興味深いのです!

MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

** vanish into the blue **

身辺雑記。
郵活とか読書記録とか、日々の雑事を備忘録的に。
 
文字に宿る記憶を探る
0
    私たちの周りには、文字があふれている。
    手書きのメモもあれば、活字もある。
    活字だって、一見同じように見えるけど、微妙に形が異なる書体がたくさん。

    書体。書の体裁、つまり目に見える文字のかたち。


    たとえば、これはブックデザイナー・平野甲賀デザインのブックカバー。



    ブックオカ2017のもの。
    太くなったり細くなったり、バランスが絶妙に崩れていたり。
    リズミカルで、なにかワクワクするような、
    インパクトを与える文字が躍っている。

    これが普通の良く見る「明朝体」で書かれていたらどうだろうか。
    「本のない人生」について、真面目に考え込んでしまいそう。



    正木香子さんの『本を読む人のための書体入門』(星海社新書2013.12)は、
    専門家ではなく、あくまで読者の視点から「書体」に着目した本。
    同じことが書いてあるのに、書体が違えば、印象が異なるのはなぜ?
    『ドラゴンボール』や「水曜どうでしょう」など、
    豊富な事例を挙げつつ検証していく本。


    何かを情報として伝えるのに、書体が違っても、情報の中身には変わりはない。
    平野さんのデザインほど強烈な文字が出てくれば別だが、
    普段、私たちはその文字が「明朝体」だろうが「ゴシック体」だろうが、
    さほど気にしないし、気が付かないこともあるかもしれない。

    だけど、それは本当は「気にしない」「気が付かない」のではなく、
    余計な先入観なく読める、気にならない書体が「選ばれている」のだ。
    少し特殊な書体で書かれていると、違和感が生じる。
    違和感は、ある感情を呼び起こす。
    ほほえましい感じだったり、怖い感じだったり、気持ち悪さだったり、
    悲しさだったり……。


    「書体」は文字の印象を生む差異である、と、正木さんは、言う。
    さらに、文字は「記憶を読む装置」である、とも。
    文字の形それ自体に宿る記憶、という考え方に目からウロコ。
    漠然としていて、言葉にはしにくいけど、たしかにあると思える。
    演劇や展覧会のポスターでも、内容に合わせて書体も違う。
    たとえ絵や写真がなくて文字だけでも、その書体から、悲劇なのか喜劇なのか、
    大人向けなのか子供向けなのか、だいたいの雰囲気が読み取れそうだ。
    (逆に読み取れないものは、デザインとして成功しているとは言えないのでは)
    私たちの中にある、共通の記憶や感覚によって、
    それ自体には意味のない書体から、さまざまな印象や感情が呼び起されるのだ。
    すごく腑に落ちた!

    この本、書店で出会って0.1秒ぐらいで購入を決めた(笑)
    書体の与える印象って、なんとなく気になっていたんだけど、
    それをこんなに腑に落ちるように書いてくださっている本があったとは。
    いやはや、この本を5年も見逃していたのが悔しい。

     
    | 本・読書 | 21:47 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    続続・読書グッズ
    0
      しおりとともに欠かせないブックカバー。
      書店でいただく紙のものもいいけど、いろいろ揃えておきたい。
      気分や季節、本の内容などに合わせて選びたい。





      夏っぽい柄と青3種。
      青の真ん中のものはポケットついてて便利。
      付箋とペンを入れておく。
      飛行機柄は、旅行に連れて行きたくなる。




      これは台湾で買ったもの。
      伝統的な客家花布の柄(文庫サイズ)と、
      白っぽい単行本サイズのものは、迪化街にある印花楽で購入。
      レトロなモザイクタイル柄が可愛い。




      そして、こちらも台湾の客家花布。
      単行本サイズのバッグと見せかけて実は・・・




      ブックカバー!!
      外側にはポケットもついているし優秀!!




      色違いも購入しちゃった。

       
      | 本・読書 | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      原田宗典さんのサイン
      0
        遅ればせながら、原田宗典さんの新刊を入手。
        早く読みたいけど、味読待機本が多すぎて(苦笑)。



        装丁も素敵です。


        とりあえずは仕事が一段落したことだし、
        機能停止したままのわが部屋を片付けてからの話かな。


        先日、本棚を整理したときに出てきた原田さんの本。



        2002年上演の、
        <壱組印>プリゼンツ「劇的人生劇場」のパンフレットと原作本。
        原田さん作、草野徹さんの演奏、大谷亮介さんの一人芝居。
        私が初めて見た一人芝居でもある。
        今はなき新宿シアタートップスでの上演だった。


         

        裏表紙にお三方のサイン!!
        写真の大谷さんの姿も面白いし!!
        会場にいた原田さんに握手もしていただいたのは、いい思い出。
        少しカサついた分厚くて大きな手だった。

         
        | 本・読書 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        馬語がわかれば・・・
        0
          北方謙三さんの『水滸伝』には、
          豹子頭林冲の愛馬・百里風や九紋竜史進の愛馬・乱雲ら、
          並居る豪傑たちに負けず劣らず大暴れする「馬」がたくさん出てくる。
          牧を取り仕切る金毛犬段景住、馬医者の紫髯伯皇甫端といった
          馬に関わる人物たちの、縁の下の力持ち的な活躍も、物語に奥行きを与えている。

          何の話か、というと。
          要は、北方水滸伝を読んで馬が気になって仕方がない、という話。
          百里風も乱雲も、その心情を語ることこそないものの、
          主と寄り添い、主を助け、時には主を叱咤する姿に、感動させられるのです!


          で。
          本屋で見かけて衝動買いしたのが、



          河田桟『馬語手帖 ウマと話そう』カディブックス 2012年

          ウマはどんなふうに話すのか?

          声を使う、というよりも、ボディーランゲージが中心だという。
          耳や目、鼻、口、しっぽ、首、脚、体全体を使ってコミュニケーションを図る。
          そのなかで、声が占める割合はおよそ5%らしい。



          イラストも可愛いんですよねぇ。
          何かをしてほしがっているときなど、馬は「かわいい目」をするとのこと。
          「かわいい目」って!


          百里風も林冲に「かわいい目」をするんだろうな、
          ・・・などと、水滸ロスがおかしな方向に行き始めた私です。


          ちなみに、カディブックスは、与那国島の小さな出版社だそうです。
          「カディ」とは与那国の言葉で「風」の意味とのこと。

           
          | 本・読書 | 23:07 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
          古田新太さん
          0
            古田新太さんの『魏志痴人伝』と『柳に風』読了。
            どちらも少し古い本(2008年と2004年)で、
            古田さんの身近にいる面白い人物や笑える出来事を綴るエッセイ集。

            その当時に古田さんが出演していた舞台やドラマの話題も
            ちょこちょこ出てきて懐かしかった。
            「大江戸ロケット」「天保十二年のシェイクスピア」「レッツゴー!忍法帖」
            「スタアの恋」「ぼくが地球を救う」「ぼくの魔法使い」などなど。
            自分が見ていたものもあったりして余計に懐かしい。

            古田さんの観察眼(役者ならではの?)と、
            その面白さを余すことなく書き綴る表現力(ツッコミ力!)は至高!
            何度目かの再読ではあったけど、
            『魏志痴人伝』は面白すぎて一晩で読んでしまった。

            ずるいなぁ、古田さん。
            こんなに面白くて、カッコいいんだもん。
            文章も上手いとか本当にずるい。

            殺伐とした繁忙期に笑いと脱力を提供してくれたありがたい本!!!
            「贋作桜の森の満開の下」今から楽しみです♪

             
            | 本・読書 | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            倉敷のマンホール 2
            0
              倉敷のマンホールの続き。





              藤。
              多少デザイン的だけど、一本の木として描かれている。








              藤、デザイン違い。
              こっちは花と葉だけで、上下左右に対称に配置されている。
              カラーも淡くて、私はこっちが好みかな。

              それにしても、すごい推すなぁ、藤。
              キレイだけど。








              最後3つは、倉敷市水道局イメージキャラクター「くらっぴぃ」。
              なんとも言えない表情をしている・・・
              可愛いのか、コレ?

               
              | マンホール | 22:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              倉敷のマンホール
              0
                そういえば、アップし忘れていました。
                倉敷のマンホール。



                商店街にて、何種類かGETしました。




                市の花、藤。
                阿智神社に県天然記念物のアケボノフジ「阿知の藤」があるとか。




                倉敷市はジーンズの聖地・児島を擁する「繊維の町」でもある。




                倉敷市が誇るゆるキャラ「くらモニ」。
                モニ?
                Facebookに
                「くらしき朝市「三斎市」から誕生した妖精」と説明があるから、
                モーニングからかな?
                白壁と藤がモチーフになっている。

                最近こういうタイプのマンホール増えてますね。
                なんていうんだろう。
                凹凸のない、イラストの板をはめ込んでるタイプ。

                それから、
                蓋愛好家を「マンホーラー」「蓋女(ふたじょ)」とか呼ぶらしいですね。


                フタジョて!!!!

                 
                | マンホール | 23:43 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                続・読書グッズ
                0
                  お気に入りのしおり。




                  金属製と革製。
                  上の金属性のものは、台湾の誠品書店のオリジナルグッズ。
                  並んだ本がクール!!
                  革製のものは友人とお揃い(友人は赤)で買った思い出のもの。




                  クリップで本に付けて紐を挟むタイプ。
                  皮を剥いてる途中のリンゴと、カップから立ち上がる湯気。




                  この3つは韓国で買ったもの。
                  左のものは、しおりというかクリップみたい。
                  買ったはいいけど、ページが傷つきそうで使っていない(笑)
                  真ん中は、韓国の伝統文様や衣装など、種類が豊富。
                  組紐(メドゥプ)の色もさまざまで、韓国にいくとついつい買っちゃう。
                  かさばらないし、お土産にもいいんだよなぁ。
                  右は、カラフルな家並がかわいい、プサンの観光地・甘川洞文化村の
                  お土産屋さんで購入。




                  無料配布の、紙のシンプルなしおり。
                  展覧会ものは、ついつい持って帰ってきちゃう。
                  左3つは高島野十郎展のもの。
                  ルノワールのしおりは、福岡市美と北九州市美のコラボ展。
                  右は、100均のマグネット式のしおりに、ココフセンを貼り付けたもの。
                  これ我ながら重宝している。
                  印をつけながら読みたい本に最適。

                   
                  | 本・読書 | 22:27 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                  モネ、ドガ、ルノワール
                  0
                    北九州市で出会える有名作品たち!
                    コレクション展も楽しいです。
                    どこの館もそうですが、何気にすごい作品あったり、
                    テーマが面白かったりと見応えあるんですよね。



                    モネ。
                    晩年の睡蓮らしく、抽象画っぽさがある。






                    キャンバスが切り取られた不思議なドガ。




                    フラナガンのウサギ!




                    最後のコーナーは、現代作家の東島毅さんの展示。
                    作品デカい!









                    彫刻も素敵。
                    青木野枝さん(3番目)が好き。

                    展示室、一部撮影可になってた!

                     
                    | アート・展覧会 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    世界ネコ歩き展
                    0
                      岩合光昭さんの写真展「世界ネコ歩き展」に行ってきた!
                      当たり前だけどネコだらけ。みんな可愛い。

                      お決まりの岩合さんの「いい子だね〜」が聞こえてきそう。
                      ネコ単体を撮るんじゃなくて、そのネコが暮らす街(風景)や、
                      その地の人々との交流までをも捉えた写真で、
                      一枚一枚に、そのネコのストーリー(人生ならぬニャン生?!)があった!

                      みんな可愛いんだけど、メインビジュアルのこの子↓



                      パリジェンヌのガゼットちゃん。
                      その手をとりたくなる。

                      そうそう。写真それぞれにネコの名前が表示してあるのも良かった。
                      名乗り合って仲良くなってから撮らせてもらってるのかなぁ。

                      あとは、彫刻家のアトリエにいる子とか、
                      ヘミングウェイの博物館にいる6本指の足の子とか、
                      台湾の寺院にいる子とか、沖縄のオッドアイの子とか、
                      ワンコにじゃれついてる子とか、印象的だった子はたくさんいて。







                      一部写真撮影可能なところもありました〜。

                       
                      | アート・展覧会 | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |